鶴丸城御楼門 建設工事進捗ウェブサイトへようこそ

こちらは、2020年3月の完成を目指す、鶴丸城御楼門建設工事の進捗状況、イベント情報などをお知らせするサイトです。
また、ライブカメラを通して、工事現場の様子をリアルタイムで配信します。

約150年の時空を越え、高さ・幅約20mを誇る国内最大の城門、鶴丸城御楼門が復元されるまでの過程をぜひご覧ください。

鶴丸城御楼門の建設について

鹿児島(鶴丸)城は、慶長6年(1601年)頃に、のちに島津家第18代当主・初代藩主となる家久が建設に着手した島津氏の居城です。居館(現:県歴史資料センター黎明館・鹿児島市城山町)の正面中央には、御楼門がありましたが、明治6年(1873年)の火災で焼失しました。

県と民間の鶴丸城御楼門復元実行委員会で構成する「鶴丸城御楼門建設協議会」は、2020年3月の完成を目標に、御楼門の建設に官民一体となって取り組んでいます。

完成すると、高さ・幅とも約20mある国内最大の城門となり、鹿児島の新しいシンボルとなることが期待されます。

瓦記名会(海鼠瓦)の参加者(受付番号:61)を探しています!!

参加当日にお渡しした「参加受付票」を事務局が受領していないため、今後予定している、瓦設置個所のご連絡ができない状況です。

つきましては、次の建設協議会事務局までご連絡くださるようお願いします。

連絡先:
鶴丸城御楼門建設協議会事務局(県庁楼門等建設推進室)
電話 099-286-2506
goroumon@pref.kagoshima.lg.jp

ライブカメラ公開中

カメラ1(正面)

鶴丸城御楼門の現在の様子をライブカメラでご覧いただけます。

カメラ2(側面)

鶴丸城御楼門の工事の様子をライブカメラでご覧いただけます。

カメラ3(中段)

鶴丸城御楼門の現在の様子をライブカメラでご覧いただけます。

工事進捗ブログ

建設工事の進捗状況を現場の画像とともにお知らせします。(随時更新)

2019年11月2日

屋根工事(箕甲・掛瓦葺:みのこう・かけがわらぶき)

10月18日より、妻(大屋根側面)の掛瓦葺き工事が始まりました。 掛瓦(かけがわら)を止めるために、…
続きを読む
2019年10月30日

屋根工事(素丸瓦葺)

10月2日より、素丸瓦葺き工事が始まりました。 軒先から、軒巴瓦(のきともえがわら)を銅製の巴釘(と…
続きを読む
2019年10月22日

左官工事(荒壁・あらかべ)

9月24日より、荒壁工事が始まりました。 土と藁(わら)スサを練り混ぜ、約1年半程度寝かせていた荒壁…
続きを読む

■ お知らせ・イベント情報

鶴丸城御楼門建設『瓦記名会』(第2弾・海鼠瓦)を開催します。

1. 開催趣旨 薩摩藩・島津家の居城、鶴丸城(鹿児島城)本丸の正面にあった御楼門は、明治6年(187 ...

8月14日開催予定の鶴丸城御楼門建設『瓦記名会』の延期について

令和元年8月14日(水曜日)に予定していた,鶴丸城御楼門建設『瓦記名会』は台風接近にともない延期しま ...

御楼門全景シートのライトアップ点灯式を開催します

1. 開催趣旨 「鶴丸城御楼門」の建設地に設置する実物大全景シートについて、7月14日(日曜日)の「 ...

鶴丸城御楼門建設⼯事に伴う見学者通路の一部供用開始について

鶴丸城御楼門建設協議会では、県民や観光客の皆様に御楼門建設工事の過程を公開するため、以下のとおり、見 ...

令和元年7月に開催された上棟式の動画です。
(再生すると音声が流れます)


平成30年9月に開催された安全祈願祭と起工式の動画です。
(再生すると音声が流れます)

周辺観光マップ

おもてなしの心と本物の素材で形成する、世界を魅了する観光地“KAGOSHIMA”

鹿児島県公式ホームページ

鹿児島県観光サイト/かごしまの旅

Scroll Up