左官工事(内部壁)

2階内部の壁塗りも進んでいます。
よく乾いた裏返し壁の貫部分に、割れが生じない様、漆喰を塗っていきます。

貫に塗った漆喰の上から、寒冷紗(かんれいしゃ)を張り、更に割れ防止を施します。

壁の表面が凹凸にならない様、斑直し(むらなおし)をします。

柱と化粧貫には、髭子(ひげこ)を打ち付け、壁と柱に隙間が生じない様にします。

その髭子を、漆喰で塗り込みます。
柱と化粧貫に、仕上げの線を示すテープを張ります。

中塗りをします。
良く乾いたら、完成です。

左官工事(海鼠壁)
仮設工事(素屋根解体)