屋根工事(素丸瓦葺)

10月2日より、素丸瓦葺き工事が始まりました。 軒先から、軒巴瓦(のきともえがわら)を銅製の巴釘(ともえくぎ 長さ27cm) で、ずれないように止めていきます。 軒巴瓦の先端部が揃うよう先端部に糸を張り、通りよく並べてい […]

続きを読む

左官工事(竹小舞)

8月19日より、左官工事(漆喰塗部分の竹小舞下地掻き)が始まりました。 ※見学者通路から見ることができる部分です。 長さ7m約1200本の丸竹が現場に搬入されました。 現場で、これだけの数の丸竹を見る事はめったにありませ […]

続きを読む

下層屋根

8月5日より、下層屋根(1階・2階間)の工事が始まりました。 ※見学者通路から見ることができる部分です。 桟梁(さんばり)の上に出桁(でげた)を掛け渡し、柱に枘(ほぞ)で刺さった隅木(すみぎ)を出桁の上に取り付けます。 […]

続きを読む

小屋組、軒先廻り

7月12日より、大屋根(小屋組 こやぐみ)の工事が始まりました。 地元鹿児島県内の大工さんを含め、総勢13名の宮大工さんが作業します。 架け渡された梁の上に、小屋束(こやづか)を貫(ぬき)を入れながら、建てていきます。 […]

続きを読む

素屋根組立(2期工事)

7月16日より、素屋根組立(2期工事)が始まりました。 素屋根の屋根部分を組立てていきます。 地上で組立てた合掌(がっしょう)トラスをクレーンで吊り上げます。 上で待ち構えている鳶職さんが、取付けていきます。 墜落・落下 […]

続きを読む