木材加工

木工事を行っている岐阜県関市の作業場において、木材の加工や墨付けが着々と進んでいます。 今回はその一部を紹介します。 貫の加工(18.2cm×45.5cm ※断面の寸法。以下同じ。) 貫の墨付け 切断したり欠いだりする箇 […]

続きを読む

素屋根組立(1期工事)

素屋根とは? 建築する建物を覆う様に屋根を掛け、雨から守り、木材や壁等を濡らさない様に作業するための仮設建物です。 この素屋根により、雨降りの時でも作業を中断する事なく施工出来ます。 社寺建築や城郭建築にとって、なくては […]

続きを読む

鬼瓦粘土型検査

去る5月9日、愛知県碧南市の作業場において、鬼瓦の粘土型検査を行いました。 鬼瓦の製作は、発掘調査で出土した鬼瓦に倣い図面を書き、鬼師さんが粘土で、 発掘調査で出土した瓦を見ながら鬼瓦を製作していきます。 瓦は焼く段階で […]

続きを読む

原寸型板検査

去る4月24日、岐阜県関市の作業場において、原寸型板検査を行いました。 原寸型板検査では、2月19日に行われた原寸検査時の破風板と茅負を ベニヤ板にて型取り、壁に張り付けて反り具合を見ます。 実際に原寸を立てて見ると、よ […]

続きを読む

柱ひかりつけ確認

去る4月14日・22日の日程で、前回礎石表面のスキャンを行い、それに基づいて柱底面 を加工してきた原寸大の柱(模擬柱)を実際に礎石の上に建ててみました。 礎石表面の形状(凹凸)とピッタリ合うか? ドキドキします。 柱の芯 […]

続きを読む

木材検査、原寸検査

去る2月18日・19日の日程で、木工事を行う岐阜県関市の作業場において、木材検査と原寸検査を行いました。 木材検査では、鏡柱をはじめとする柱材の乾燥後の状況を検査し、反り具合を計測し、大きな狂いや割れがないかを確認しまし […]

続きを読む

工事現場の様子②

現場では、昨年7月から、御楼門2階漆喰壁の下地に使用する壁土作りを行っています。 壁土作りは、日置市産の土に藁を短く切った「藁スサ」を練り込む作業から始まります。 近くの名山小学校6年生にも作業を体験してもらいました。 […]

続きを読む

  • 1
  • 2